• HOME
  • >
  • 当院の特徴

当院の鍼灸の特徴

*当院は平成22年に浅野周先生が東京都三鷹市で開業した鍼灸院を、5人目の内弟子が引き継いでいる正統な北京堂系鍼灸院です。電話番号は平成25年から「03-5969-8600」に変更になりました。浅野周先生の治療をご希望される場合は070-6969-8941へ電話して下さい。当院は平成28年1月から屋号が「北京堂鍼灸三鷹」から「東京つばめ鍼灸」へ変わりました。
 
当院で治せる疾患は主に突発性難聴、メニエール病のほか、慢性頭痛や首肩こり、腰痛、背部痛、膝痛、肘痛、腱鞘炎、ムチ打ち症、各種スポーツ障害、生理痛などの疼痛性疾患および運動器系疾患です。特に機械的牽引によって引き起こされる疼痛などに有効で、病院でのリハビリや投薬、マッサージなどで全く効果が見られなかったケースでも簡単に完治させることが可能です(手術歴があったり、脳や骨などに器質的な異常がある場合は改善しないケースもあります)。また、正統な北京堂式を継承する一方で、本場中国の最新鍼灸術を参考にして、より効果的な刺鍼法を日々探求しています。主に神経内科学的、解剖学的、力学的に刺鍼ポイントを探りながら、『黄帝内経』に記されている斉刺や揚刺、短刺などを応用した響きの強い刺鍼法によって、高い治療成績を維持しています。実際に、従来の鍼灸流派とは異なる深部罹患筋への刺鍼をベースにした治療であるため、トリガーポイント注射や筋弛緩剤などで全く効果がみられなかった患者においても明白なる改善をみせています(繊維筋痛症や筋筋膜性疼痛症候群、原因不明と診断された疼痛などにも有効ですが、薬物の副作用などによる疼痛、器質性病変によらない心因性疼痛などには効果がみられにくい場合があります)。さらに、当院独自の消毒・滅菌ガイドラインを作成し、多くの患者が安心して治療を受けられるよう最大限に配慮しています。
*当院長は2010年に浅野周先生の内弟子となり、正統な北京堂治療を伝授されています。
*現在、「北京堂式治療」はいわば亜流で、北京堂治療(浅野式治療)とは異なります。