• HOME
  • >
  • 予約取消料について(キャンセルポリシー)

予約取消料について(キャンセルポリシー)

 

・予約取消(キャンセル)は予約日前日までは無料です。
当日キャンセル無断キャンセル、当日に予約変更された場合、または10分以上遅刻された場合(民法第415条に基づき、予約契約が履行されなかった場合)は、即時で予約取消料(キャンセル料)が発生いたします。
予約取消料(キャンセル料)は発生日から2週間以内に、「施術料平均単価5,500円(学生は5,000円)×予約取消回数(キャンセルコマ数)」を、営業時間内に当院受付でお支払いいただくか、現金書留にて当院住所へご郵送ください(発生日を含めて14日以内の消印有効)。
*現金書留でお支払いいただく場合は、84円切手を貼った封筒(定形郵便サイズ)に受取人の住所、郵便番号、氏名を記載し、現金書留と一緒に郵送してください。当院で郵便を受領後、内容に問題がなければ、後日、返信用封筒に領収書を入れて、該当住所へ返送いたします。
・2週間以内に予約取消料(キャンセル料)をお支払いいただけなかった場合、1日ごとに年3%(法定利率)の遅延損害金が発生いたします。計算方法は「遅延損害金 = 予約取消料(キャンセル料)残高 × 3%(遅延損害金の利率/年利) ÷ 年間日数(閏年の場合は366) × 遅延日数」となります。
・遅延損害金が発生している場合は、上記予約取消料(キャンセル料)に遅延損害金を加算してお支払いいただきます。支払い金額に誤りがある場合などは、書面またはお電話などでお知らせいたしますので、当院からのお知らせを受領した日から2週間以内に不足分をお支払いください。
・偽名を用いて予約取消を繰り返す、当院の電話番号を着信拒否にして予約取消料の支払いを拒否するなど、明らかな違法行為により当院の営業を妨害していると判断された場合は、法的処置をとらせていただく場合がございます。

 
 当院では、1人でも多くの患者様に効果的な鍼灸施術を受けていただきたいと考えており、施術料金を可能な限り安く設定しています。直前の予約変更や遅刻、キャンセルなどがあった場合、他の患者様にご迷惑がかかるだけではなく、当院においても余計なコストが発生してしまいます。そうなれば、結果的に施術料金を引き上げなければならなくなる可能性があります。万が一、予約取消料(キャンセル料)をお支払いただけなかった場合、すでに先の予約を取られていたとしても、施術を受けることができませんのでご注意ください(先の予約をお取りすることもできません)。また、無断キャンセルや遅刻が多い患者様は、その後の来院をお断りすることがあります。
 

*「社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由」、例えば自然災害や身内の緊急事態などが認められた場合は、予約取消料(キャンセル料)は請求しない場合がございます。
*初診であっても、「道路が渋滞していた」、「数分程度の公共交通機関の遅延があった」、「駐車スペース確保に手間取った」、「鍼灸院の場所がよくわからなかった」ことなどを理由に当日キャンセルする場合も、予約取消料(キャンセル料)が発生いたします。初めて来院される場合などは、特にお時間に余裕をもってお越しください。
*予約時間よりも15分以上遅刻された場合、施術をお断りすることがあります。この場合も予約取消料(キャンセル料)が発生いたします。ご注意ください。 
*止むを得ずキャンセルをされる場合は、可能な限りお早めにご連絡をお願い致します。1人でも多くの患者様に施術の機会が与えられますよう、何卒ご理解、ご配慮をお願い申し上げます。