• HOME
  • >
  • 棒灸について

棒灸(切りもぐさ)について

 
 切りもぐさは、長さ20cmほどの棒灸を25~28.5mmほどの長さに切断し、その都度使い切りやすいように加工されたお灸です。原料となるもぐさの質や量によって、1個あたりの燃焼時間は大きく異なります。粗悪品は悪臭と大量の煙を放ちながら5分前後で燃え尽きてしまいますが、最上級品は13~20分もの間、芳香を放ちながら、煙少なく、安定して燃え続けます。
 粗悪品と最上級品の大きな違いは、その原料となるヨモギ、包装紙の質、加工方法です。まず、粗悪品はヨモギの産地や採取時期、熟成年数、加工方法、包装紙、出荷日などについての詳細が明らかにされていません。また、染色用の添加物(卵の黄色いケースや古紙)や硫黄、ヨモギの茎、粉末ヨモギ、成長しすぎたヨモギ、長期間密閉した状態で放置されていたヨモギなどが混入されていたり、機械で高温処理されているため、本来の薬効が失われているばかりでなく、有害な成分が含まれていることがあります。さらに、燃焼時間が短く、煙が多く、目に沁みるような悪臭がします。
 一方、最上級品は、ヨモギの成長に最も適した北緯30度に位置する蕲春県で栽培され、薬効が最も高まる端午節(6月)の1週間前後に採取されたヨモギを、3年間倉庫で熟成させてから加工しています。また、本草綱目に従い、極力熱処理を加えないよう、杵と石臼で加工し、最低限の精製に留め、桑皮紙または艾葉紙で包んだ商品が、最上級品の中でも最も高値で取引されています。
 THE TSUBAME STOREでは、日本ではほとんど流通していない、蕲春(ちーちゅん)産ヨモギ100%、無添加、無着色で作られた、最上級もぐさを販売しています。日本では『本草綱目』にあまり馴染みがないためか、現在でも蕲州産もぐさはほとんど流通していません。当店では、蕲州産ヨモギを原料にした最上級灸製品を独自のルートで仕入れ、健康維持や治療のために、より上質なお灸をお求めになられている皆様のもとへお届けしております。
 
 
 

【ご家庭で棒灸をご使用される際に用意しておくもの】

 
□棒灸 □ターボライター □軍手 □ステンレス製トレー(11号浅型ケーキバットでもOK) □大きめの灰皿 □純棒灸または薬棒灸の直径に適合したステンレス製棒灸つぼ □消火後の棒灸を保管するフタ付きアルミ缶 □消火用の灰(無煙棒灸を使用する場合/仏壇用で代用可) □消火用の灰を入れる長筒型アルミ缶(無煙棒灸を使用する場合) □パレットナイフ □消火用の水と小バケツ □タイマー
 
 

【棒灸の使い方】

 
まず、棒灸、ターボライター、灰皿、棒灸つぼまたは灰を3割ほどの高さ(消火時に無煙棒灸の先端が埋まる高さ)まで満たしたアルミ缶をステンレス製トレーの上に置きます。次に、軍手を装着し、片手に棒灸、片手にターボライターを持ち、床やベッドに火の粉が落ちないよう、ステンレス製トレーの上で棒灸先端に点火します(無煙棒灸は点火まで時間がかかります)。無煙棒灸の有孔タイプは、無孔タイプに比べて火がつきやすいですが、折れやすいので気を付けましょう。
 
棒灸に火をつけたら、軍手を装着して、ペンを持つように棒灸をつかみます。そして、棒灸の先端を皮膚から3~5cmほど離し、熱感を加えつつも、火傷させない距離を定めて保つようにします。皮膚の上に灰が落ちないように、コリが気になる部位や患部の側面から上下または平行移動させて温めます。この時、火の粉が落ちるのを避けるため、狙った部位の真上で棒灸を移動させないように気を付けます。例えば、患部が背中にある場合は、患者を側臥位にさせて、患者の皮膚面に対して側面から施術するようにします。また、術者は利き手に棒灸を持ち、反対の手を患部周囲の皮膚の近くに添えて、ほど良い熱感を確かめながら棒灸を移動させます。施術中は棒灸先端の灰をパレットナイフなどで灰皿に適宜落とし、棒灸をゆっくりと移動させながら、患部周囲までほんのりと紅くなるくらいまで温めます。長時間温めすぎると火傷したり、灸あたりになる可能性がありますので、1部位につき10~15分を限度に温めます。
 
施術終了後、純棒灸と薬棒灸は専用の棒灸つぼへ、無煙棒灸は灰を満たした長筒缶へ差込み、酸素を完全に遮断して、確実に消火されたことを確認します。万が一、消火されにくい場合は、消火用の水に浸けます。使用後の棒灸はフタ付きの長筒缶へ保管しておくと安心です。
 
 

【施灸上の注意】

 
・灸の成分が臭いやヤニとなって壁紙や家具、布類に付着する可能性があります。
・消火する場合は水に浸すか、灰を入れた金属製の長筒などに入れ、完全に火が消えたことを確認して下さい。水に浸した場合は、完全に乾燥させてから再使用して下さい。
・燃焼部は高温です。直接皮膚に当てたり、近づけ過ぎると火傷する恐れがあります。
・空腹時や過食後、飲酒後、怒りで興奮している時、喉が渇いている時、過労時、過緊張状態の時などは施灸しなで下さい。
・妊婦や糖尿病患者、免疫疾患などの易感染傾向患者、出血傾向にある者、ケロイド体質者、胎児、乳幼児、高齢者、重度の精神病患者、重度の呼吸器疾患、肺炎など、灸治療が適さない患者には施灸しないで下さい。
・顔面部や陰部、粘膜、外傷部などには施灸しないで下さい。特に顔面部は、真上から施灸すると灰が落ちて火傷する可能性があります。棒灸での施灸は皮膚面に対して側面(横方向)から行うのが比較的安全です。
・食前食後の1時間前後は施灸を避けて下さい。また施灸後1時間程度はサウナや入浴、水浴び、運動も避けて下さい。
・施灸後は白湯や常温水を適宜飲み、体調を整えて下さい。また、冷たいものの飲食は避けて下さい。
・施灸中、めまいや悪心、動悸、多汗、顔面蒼白などの症状が現れた時は、直ちに施灸を中止して下さい。
・施灸後は棒灸の火が完全に消えたことを確認して下さい。
・施灸中は灸の灰が皮膚や床に落ちないよう注意して下さい。施灸専用の木箱などを用いると比較的安全に施灸できます。
・灸は煙が大量に出ることがあるため、換気の良い場所で施灸して下さい。火災報知機やスプリンクラーなどが反応する可能性のある場所では施灸しないで下さい。
・灸はあくまで補助的療法として用いるべきものであり、医師による診察および治療の代わりになるものではありません。
・棒灸は専用の金属製長筒や、乾燥剤を入れたフタ付き容器に入れるなど、高温多湿を避けて保管して下さい。
 

Copyright Tokyo Tsubame Shinkyu 2022 All rights reserved