• HOME
  • >
  • 整骨院と整体院の違い

整骨院と整体院の違い

たまに、「整体院と整骨院はどう違うのか」と患者に聞かれることがある。見分けがつかない患者は少なくないらしい。

近年、整骨院(接骨院)が、従来、整体院で行われてきた骨盤矯正やマッサージなどの手技を取り入れ始めたことが、患者の混乱を招くようになった一因だろうと思う。

整骨院(接骨院)は主に柔道整復師が経営していて、一部の病態においては医師の同意を必要とせず、保険が使えるようになっている。特に「受領委任払い」というシステムによって、患者は自己負担を少なく、気軽に施術を受けられるような風潮がある。一方、整体師は国家資格ではないから、保険は使えない。

ちなみに整骨院(接骨院)で保険適応とされるのは、「骨折、脱臼、打撲、捻挫(肉離れ含む)、不全骨折のうち、急性または亜急性の症状のみ」とされている。また、骨折と脱臼に関しては、緊急の場合を除き、予め医師の同意を得ることになっているが、打撲や捻挫に関しては医師の同意は必要としない、とされている。詳しいことは厚生労働省のHPに記されている。

そうは言っても、最近は整骨院と整体院を併設しているケースも少なくないから、患者が混乱するのも仕方がないのかもしれない。

鍼灸院においても、同じ院内で整体やエステの施術を行うケースがあるけれども、整骨院のケースと同様、法的な縛りはグレーだから、1店舗内に数種の業種が混在していたりするケースは珍しくない。多くの自治体は、法に定められたもの以外の医業類似行為の広告に関しての制限は行っているものの、実際の営業に関しては制約が無いに等しいと言えるかもしれない。

つまり、入口が1つしかない1つの店舗内で、鍼灸、整体、カイロプラクティック、エステ、整骨などを行うことに関しては実質上縛りがないようなものだ。「施術者が1人であれば入口は1つでも良いが、施術者が複数であれば入口と施術部屋を別に設けなければならない」などと言う保健所もあるらしいが、とにかく保健所によって解釈は様々だ。

「骨盤矯正始めました!」とか、「花粉の鍼治療やってます!」とか、「ダイエット耳針やってます」とか、「痩身エステやってます」とかいう張り紙を店頭に掲示する場合、あはき法や柔道整復師法では「施術方法の明示」が禁止されているものの、院内で整体やエステをやっていれば広告の制限は解除される、という解釈もある。そもそもは法律自体に不備があることは明白なのだけれど、保健所や厚生局が一生懸命にこの問題に取り組んでいるようには思えず、実質的には放置されているような状況だ。ゆえに、患者の混乱は一向に収拾がつかないのかもしれない。

医師以外が「医院」や「クリニック」などの名称を掲げることは法律で禁じられているが、広告においては、鍼灸師や柔道整復師が「医師」の名称を使うことも禁じられている。医師法第十八条に「医師でなければ、医師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。」と規定されている。

しかし驚いたことに、日本の鍼灸界においては未だに「前世は医者だった!」などと畏れ多くも公言して憚らない御仁が実在しており、これらはあはき法の広告制限や医師法第十八条に抵触しないのかという疑念を抱いてしまうが、これらについてツッコミを入れる人はほとんどいないらしい。

まだ、「私はゴッドハンドである!」とか「私は扁鵲の生まれ変わりじゃ!」などと自称するなら法的には問題なさそうだが、そのように自称しているにも関わらず、アスクレーピオスや扁鵲のように死者をも甦らせるような実力を持ち合わせていなければそれは詐称であり、詐欺罪にも問われかねないから、私はそういった権威付けはしないように努めている。

そもそも、己を神だとか、聖(ひじり)だとか、達人だとか自称出来るほどの技量が、私に備わっているとは思えない。まぁ、あと半世紀くらい精進すれば、そういう領域に達する可能性が無いことも無いとは思うが、そういう境地に至ることが人生の目標では無いし、そういったモノにあまり関心が無いから、どうでも良いと言えばどうでも良い。だいたい、人は謙虚さを失ってしまったらレベルアップはそこでお終いだと、常に思っている。

ちなみに、医師法によれば、医師が鍼灸を行うことは合法であるらしいが、そもそも医師は、はり師・きゅう師のように専門学校で勉強しているわけではない。確かに鍼灸師の免許を持つ医師もいるのかもしれないが、鍼灸における専門性の高さで言えば、一般的には医学部を出ただけの医師よりも鍼灸師の方が勝っているであろうと推察される。鍼灸の勉強をしていないに等しい医師が、好き放題に鍼灸を施術出来るというのも恐ろしい話だが、日本は先進国と言えども、未だ不可解な法律が多い。