• HOME
  • >
  • 健康のための5つの指針

健康への5つの指針

健康にとって最も重要なのは、粗食小食を常とし食を慎むことと、心を安らかにし自律神経を安定させること、有酸素運動を積極的に行い、ある程度の筋肉量とその柔軟性を保つこと、睡眠時間帯を一定させ、6~7時間は眠ることです。これが可能となれば、自ずと心身の状態は良く保たれ、病気になりにくい身体になります。心身に不調が出た場合、鍼灸治療で筋肉をゆるめ、心身の安定を図ることも有効ですが、「病は日常から作り出される」と考えれば、日常生活を見直すことが最も重要です。
 
病気や体の不快症状は、体が何らかのバランスを失ったことによる警告のようなものですから、それを機会に日常生活を出来る限り改善することが必要になります。当院では鍼灸治療と日常生活の改善を同時進行させることで、より早期の健康回復を実現したい、と考えています。以下の項目を参考に実行していただき、皆さまがより健やかな人生を過ごされんことを、切に願っております。
 

笑うこと

人は心から笑う時、自然と腹式呼吸になります。子供のように屈託なく笑えると、とても爽快な気分になります。社会人は毎日多くのストレスに囲まれ、腹の底から笑うことを忘れてしまいがちです。笑いという腹式呼吸を意識的に行えば、自ずと腹圧が高まり、内臓や全身の血流が改善され、代謝効率が良くなります。また、顔の筋肉は笑うことで大いに刺激されますから、後には表情が豊かになり、結果として運も向上するやもしれません。笑うことを忘れてしまった大人は無表情が常となり、顔の血流が悪化することになるので、顔面マヒになる確率も高まります。とにもかくにも、笑いは副交感神経を優位にし、代謝を促進し、脳内ホルモンの状態を正常にし、免疫機能を向上させるため、病気になりにくい状態を可能にします。日常的に笑う機会が無い人は、落語やお笑いDVDなどを利用して、意識的に笑う時間をつくりましょう。
 

運動と睡眠

「適度な運動を」と医者から言われても、仕事が忙しければ運動する気力もわきませんし、時間も余裕も作れません。確かに休日などに時間を設けて運動出来ればベストですが、そのような余裕が無い場合は、仕事中や仕事の合間に時間を作るしかありません(細かい事を言えば、仕事中のように極度の緊張下で筋肉を使うのと、リラックスした状態で筋肉を使うのとでは、大きな違いがあります。当然ながらリラックスした状態で運動した方が健康には良いです。ですから、理想は嫌な事を忘れて、好きなように、楽しんで運動をする事です。ゆえに、仕事を心から楽しめたり、仕事が良い運動であると思えれば、働く事が良い運動となり、自ずと健康は維持されます。)。例えば立ち仕事ならば、太ももの筋肉を意識的に使うような運動をしてみましょう。太もも(大腿四頭筋)は体で最も大きい筋肉であり、他の筋肉をチョコチョコ動かすよりは、太もも(=下半身)の筋肉を使う方が代謝の面でも血液循環の面でも、最も効率的かつ効果的です。また重力で下半身に鬱滞しがちな静脈血は太ももの筋肉を使うことで還流が促進されますので、ウォーキングや水泳、スクワットなどは、全身の血流改善に大いに役立ちます。特に毛細血管の増加を促進させ、血流の維持に役立つ有酸素運動、特にウォーキングなどは遅筋(赤身)の割合を増やしますから、全身の症状改善、基礎体温の上昇、冷えの改善などに貢献します。ついでに、下半身がむくみやすかったり、静脈瘤が出来やすい人は、定期的に逆立ち(=ヨガでいえば「シルシアーサナ」など)や足を上げる体操も行いましょう。運動や体操が面倒な人は、オムロン製やルルド製のクッションマッサージ機で臀部や脚の裏を刺激したり、山善製のローラーマッサージャーなどで足裏を刺激するのも良いです。本来は、睡眠については積極的に対策するまでもありません。なぜなら運動(=活動)は睡眠と表裏の関係にあるものであり、生物は適度に「動く」と、適度に「休む」ようにDNAにプログラムされているからです。したがって、自然に適った生き方をしている人には不眠症など存在するはずもなく、毎日自然な眠りが訪れるものです。つまり、良い睡眠とは、日中の過ごし方如何によるものとも言えます。ちなみに80年代にヨガブームで世界を席巻したとある某人は、不眠症患者の治療について「眠くなるまで寝なければ良い。」というようなことを言ってましたが、これはある意味正解です。なぜなら、生物は眠らないと死んでしまう場合がほとんどですから(世の中には全く眠らない人もいるそうですが)、通常はずっと起きていたら、知らぬうちに眠ってしまうものだからです。眠れぬ眠れぬと、イライラして交感神経を興奮させる人より、まぁ寝なくても何とかなるかな、というユルさがある人の方が交感神経が鎮まりやすく、不眠症になりにくいものです。「病は気から」と言いますが、とらえ方によって脳波、ホルモンの分泌状態、神経の興奮度合い、心拍数、呼吸の速度等は大きく変化しますから、出来得る限り物事のとらえ方を変えてみようとすることも重要です。夕飯は炭水化物や糖分を控えめにし、量は少な目で、遅くとも20時ころまでには済ませて23時くらいには就寝するのが理想です。そうすることで睡眠時、血糖値が急激に上下する可能性が少なくなり、副交感神経が安定して安眠出来るようになります。同様の理由で就寝前の激しい運動、まぶしいくらいの照明(夜は白熱灯などの間接照明のある暗めの部屋で過ごすとメラトニンが分泌されやすくなる)、テレビの雑音や光刺激などは控えるのが賢明です。
 

 

温冷浴

温冷浴は主に、自律神経の安定と全身の血流改善に役立ちます。よって、長期間継続すれば、体質改善も可能です。ちなみに温冷浴は、院長が最も患者さんにおススメしたい健康法です。自宅で行う場合、冷浴はシャワーが基本になってしまいますが、出来れば、水風呂を併設した温泉施設などで行うほうが効果的です。外気温の高い夏に始めるのが理想です。
*心疾患や高血圧などの持病がある場合はお控え下さい。
 

 

腹八分目

食を正すことが最も重要です。現代のほとんどの病は過食偏食によるものであると言っても過言ではありません。食べ過ぎは自律神経を乱し、様々な不調を呼び起こし、結果的に寿命を縮めることになります。当然ながら、食の異常は脳の働きを阻害し、精神異常を引き起こしかねません。なぜなら、食べる量が多いとそれだけ消化に時間がかかりますし、内臓がずっと働いていれば、血液は内臓を中心に集まってしまい、脳への血流量が減少し、結果として脳への酸素・栄養供給が減少し、脳の働きが低下します。また、常に内臓が不休であれば、自律神経が興奮して、それらの支配領域にある筋肉(ほぼ全身)が異常収縮を起こします。さらに、過食や刺激物の摂り過ぎで腸の炎症傾向が常態化していると、腰部や骨盤内外の交感神経が優位になり、腰痛や泌尿生殖器系の異常、免疫機能の低下、消化器系の病態が発現しやすくなります。腸は精神的な影響を受けやすい器官ですから、精神的な歪みやその他のストレスによっても、腸の病態は悪化する可能性があります。例えば潰瘍性大腸炎やクローン病、アトピー性皮膚炎、腸閉塞、大腸がん、過敏性腸症候群などは、強い精神的なストレスや過食・偏食が原因となりやすいようです。現代では栄養学が発達した結果、「どんな栄養をどれだけ摂るか」ばかりが論じられる傾向にあります。しかし、重要なのは食べる総量であり、どんなに栄養価が高い食物でも、消化が良い食物でも、食べ過ぎれば消化不良を起こし、栄養の吸収が低下するどころか、内臓に多大な負担を与えることになります。例えば、数年前から流行っている「1日2㍑のミネラルウォーターダイエット」も、腎臓の働きが低下している人が行えば水毒症になったり、腎臓の病気になったりする可能性がありますし、血液中の塩分濃度が急に薄まって低ナトリウム血症になる可能性もあります。また、食物繊維が豊富な野菜は便秘に良いからと、毎日3人前も4人前もサラダを食べれば腸が処理しきれず炎症傾向を呈し、逆に便秘が悪化します(この成れ果てが潰瘍性大腸炎や大腸がんであったりする)。現代の成功者を観察すると明らかですが、毎日充実した生活を送っている人々は、例外なく少食で食生活が安定しています。つまり、自分に適切な食を一定させることで、健全かつ有意義な時間を過ごすことに成功しているのです。食べ過ぎは自律神経の状態を不均衡にし、精神状態を乱し、生活の状態を大きく崩し、最悪の場合は人生を破綻させるやもしれません。「食欲」は最も抑えがたい欲求ではありますが、「食を制するものは、人生を制す」と言っても、過言ではありません。食の安定は肉体・精神両面を健全に保ちます。ちなみに、食養論(マクロビオティック)などで言っているようなことを厳守する必要はありません。確かに肉や砂糖、「部分食」は良くはありませんが、情報に「囚われ」、強迫観念的になってしまうことが、一番危険です。①~⑤の項目すべてに言えることですが、ある程度の「ユルさ」、「テキトーさ」をもって、 のんびりと取り組む気持ちは重要です。とにかく、肩の力を抜いて(=頭寒足熱で、丹田に意識を集中して、重心を下げるようにして)、継続させることが重要です。朝食は味噌汁一杯か野菜のスムージー、またはシリアルにヨーグルトをかけたもの、昼食は自由に一人前だけ、夕飯は炭水化物や動物性脂肪、糖分、カルシウムを控え(夜にカルシウムを摂取すると結石が出来やすいため)、タンパク質および野菜中心にし、全体的に量は少な目で、遅くとも20時ころまでには済ませてしまうのが理想です。人工的に作られた霜降り牛肉や、有害なカフェインやシュウ酸が含まれるコーヒー、人間には消化し難いと言われるカゼインが含まれアレルゲンと成り得る牛乳(ヨーグルトは乳酸菌で有害物質が分解されており、メリットが多い)、筋肉を委縮させたり溶かすといわれているアルコール、ビタミンB群を破壊し各種生活習慣病の元凶になりうる糖分の多いジュース、砂糖類などは止めるか、控えめにしましょう。放射線に汚染されていない出所がハッキリとした柿の葉茶は完全なビタミンCが豊富で、カフェインレスですから、細胞粘膜の保護にも役立ち、癌の予防になると言われています(ビワの葉茶はアミグダリンの副作用があるためおすすめしません)。さらに、癌の予防には抗酸化作用のあるアブラナ科のブロッコリーやキャベツ、キノコ類が役立ちます。また腸内には免疫細胞の7割が存在しますから、ヨーグルトなどを食生活に上手く取り入れて、腸内環境を整え免疫力の向上に努めましょう(乳製品はヨーグルトのみが理想。ブルガリアヨーグルトを推奨します。)。食の詳細についてはメルクマニュアル医学百科が参考になります。ちなみに昔、便の状態が良いことを「山吹のなぎなた一本切れ目無し」と表現した人がいますが、正にこのような便が毎日1回ストレスなく出るようであれば、食の状態も良く、腸内環境も良好で、免疫機能も正常であると判断出来るでしょう。「私は食事に気を付けている」とか「乳製品は有害だからヨーグルトも一切食べない」などと言いつつ、矛盾を証明するかのように便秘薬を常飲していたり、慢性腰痛やら自律神経の異常、情緒不安定に悩む人もいるようですが、結局は便の状態が良くなければ、食に異常があるはずであり、日常生活を見直す必要があるかもしれません。心身に現れる不調は環境因子などの外因によるものより、己の食や精神状態による日常生活の如何によって作り出される内因によるものが多いようです。内因が軽度であれば内因を改めずとも鍼灸で改善したり、完治したりするケースも多いですが、内因が重度であればどんなに良い施術・治療を試しても、改善することは困難です。こういった場合は鍼灸をするより、先に食を改め、日常生活全般を見直すことをお勧め致します。
 

柔軟体操

柔軟体操といっても、ラジオ体操のように、「反動」をつけて行うのは厳禁です。なぜなら反動をつけて体操すると、筋肉は反射でカタクなってしまうからです。理想的な柔軟体操はヨガのように自分の呼吸を意識しながら、自分のペースで、ゆったり行う体操です。1つのポーズで、10~20秒くらいその姿勢を保持し、ゆっくりと反動をつけずに筋肉を伸ばすのがコツです。筋肉が比較的柔らかい夕方以降で、お風呂上がりや就寝前に行うのがベストです。1日5分でも構いません。続けることが大切です。ちなみに、五感を出来るだけうまく刺激すれば、効果的に身体をゆるめることが可能です。白檀や沈香などのお香や、ヒノキやサンダルウッドなどのアロマオイルを焚いたり、ヒーリングミュージックをかけながら体操すれば、一層効果的です。室内の照明は蛍光灯よりも白熱灯が良く、若干薄暗いほうが副交感神経を刺激し、リラックス出来ます(夜はメラトニンが分泌されやすくなり、安眠しやすくなる)。とにかく、日常的に緊張したり、興奮したりする場面が多い人は、その逆の刺激(リラックス出来るような刺激)を与えるような時間を設ける事を心がけ、自律神経の均衡を保つよう意識的に生活していく事が肝要です。