• HOME
  • >
  • 鍼鎮痛の作用

当院の鍼治療による、鎮痛効果

 
①「ツボ(経穴)」に囚(とら)われることなく、硬化した深部の筋肉へ安全かつ確実に鍼を打つ。

 
②いわば、医学的に言う「ストレス鎮痛」が起こる(ストレス鎮痛についての参考)。内因性モルヒネ様物質(β-エンドルフィン、エンケファリンなどの内因性オピオイド=「脳内麻薬」、オピオイドペプチド)が多量に放出され、痛みの抑制系回路が活性化されると推察される。疼痛緩和・消失の第一相(Phase1)が出現。

*β-エンドルフィン…脳内では下垂体、視床下部に最も多いが、脳幹や中脳にも存在する。α、β、γ、δの4種が認められる。全てβ-リポトロピンの部分構造を備えているが、β-エンドルフィンの鎮痛作用が最強である。鎮痛作用の他、情動、錐体外路系の運動、ホルモン分泌、体温、消化管運動にも関与しているペプチドである。
*エンケファリン…中枢神経系の神経細胞内に存在し、主に痛覚経路に対しての抑制作用を有する。
*オピオイド受容体…内因性オピオイドが結合する受容体(レセプター)の一つ。μ(鎮痛、縮瞳、呼吸抑制)、κ(鎮痛)、σ(散瞳、多呼吸、躁状態の形成)、δ(平滑筋収縮の抑制)などの分類があるが、上記のエンドルフィンとエンケファリンにおいてはμとδに高い結合親和性がみられる。

 

 
③刺鍼の反射で一時的には筋収縮が起こるが、刺鍼後30分以上の置鍼時間を設けることで、軸索反射による血流改善(血管拡張→神経への血流が増加→鎮痛作用)および筋弛緩の促進。同時に興奮していた交感神経が鎮静化する。特注針を用いた場合は10分程度の留針でも改善する。

*軸索反射(じくさくはんしゃ)…鍼刺激による疼痛解消を証明する、生体反応の一つ。刺鍼でCGRPを含む第一次知覚神経終末が刺激されると、軸索反射によってコリン作動性神経の末端が反応する。その結果、アセチルコリンの遊離が増大した後、血管が拡張し、虚血性疼痛の原因であった発痛物質が排除され、疼痛が解消する。つまり、多くの疼痛は血流の局所的減少に起因するのであり、刺鍼によって血流が改善されれば、ほとんどの疼痛は解消される。

 

 
④抜鍼後10分~48時間ほど安静にすることで、硬化していた筋肉への酸素・栄養供給が徐々に再開し、絞扼(こうやく、=締め付けること)されていた神経が解放される。また、筋肉に酸素や栄養が供給されることで、痛みの原因となっていた老廃物の乳酸が、水と二酸化炭素に分解されると推察される。
 

 
⑤筋弛緩、乳酸の分解などによる疼痛緩和・消失の第二相(Phase2)が出現。硬化していた筋肉の割合と、弛んだ筋肉の割合が逆転すると、能動的に筋肉が回復するようになる。つまり、硬化している筋肉の割合が多ければ多いほど休息しても能動的に回復し難くなるが、鍼灸で他動的に筋肉を弛め、柔らかい筋肉の割合が増えてくると少しの休息でも自ずと回復しやすくなる。硬い筋肉が多い内は数日おきに刺鍼して、追い打ちをかけるように弛緩を促す必要があるが、ある程度筋肉が弛んでしまえば刺鍼する必要性はなくなり、余程強いストレスがかからない限りは再び筋肉の状態が悪化することはしばらくは避けられるようになる(完治した後の良い状態がどのぐらい継続するかは、遺伝的な筋肉の質と日常のストレスの軽重如何による)。
 
 

長鍼治療による、2つの鎮痛作用まとめ

 
①脳内麻薬放出による鎮痛(疼痛抑制系回路の活性化)→速効性はあるが、主に短時間のみの鎮痛作用がある。
 
 
②軸索反射による鎮痛(血管拡張→筋弛緩→神経の興奮が鎮静→痛みが減少)→基本的には遅効性だが、筋肉が徐々に弛緩していくことで完治へと近づくようになる。
 
*灸治療を併用することで代謝が良くなり、症状が改善しやすくなりますが、施術時間に余裕がある場合のみ、希望者に施術しています(基本的に冬季のみ)。 
 
*一般的な鍼灸師は「硬化した筋肉」ではなく、いわゆる「ツボ」しか狙わないことが多いようで、以上の作用が起こり難く、明確な効果が得難いと推察される。または、一時的には良くなったかのような感じがするが、すぐ症状がぶり返す(←短い鍼で浅層部の筋肉しかゆるめていないためでしょう)。基本的に、経絡治療が大半を占めている事実が示すように、日本の多くの鍼灸師は「ツボ」のない筋肉へは施術しない傾向にあるようだ。例えば、患部に「ツボ」が無い場合は、患部に近い「ツボ」や患部に関係する経絡のツボ、要穴などで遠隔治療することに囚われてしまっている場合が多い。つまり、患部に直接鍼を打ったり、灸をすえるという発想に欠けるか、それらを根拠無くタブーとしている場合が多いのである。現代の鍼灸業界においては、古典に記されている極一部のことをそのまま鵜呑みにする傾向が強く、現代医学的に咀嚼することは不合理かつタブーであるとされてきた。また、術者および患者が、鍼灸治療に神秘性を見出そうとする傾向が根強くあり、ゆえに現代まで神経学的、生理学的、解剖学的な鍼灸治療を探求しようという発想が生まれ難く、「ツボ」以外で病を解決しようという土壌が育まれて来なかったのであろう。確かに、先人が伝える「ツボ」の効用や刺鍼法を知ることは必要であるし、それらを治療に応用することも多いが、古代の鍼と現代の鍼はその形状・使用法が全く異なる点(例えば中国古代の針具である「九针(九針)」は本来外科的な治療用具として作られたものであり、これらを現代の日本の鍼灸師が使うことは不合理であるし、一部の針は医師法に抵触する可能性がある。実際に、現在の中医は「九针」を進化させた針として「黄帝针」を開発し、麻酔薬を効かせた上でX線を見ながら神経を圧迫している骨棘を砕くなど、日本の鍼灸師では到底扱えぬような使い方を実践している。)、科学の進歩によって人体の多くの未知が既知となった点を踏まえると、より科学的かつ医学的な鍼治療を同時に模索することが重要である。
 
*長鍼治療では、この2つの鎮痛作用がほぼ同時に起るため、投薬やその他の手技では得難い効果がある。実際、両足首の内反捻挫で松葉杖をついて来院した中学生が、翌日にはバスケットボールの試合に出場出来たり、長年の腰痛持ちで、あらゆる治療を施しても治らなかった93歳の男性が、数回の長鍼治療で完治したり、著名な頭痛外来やペインクリニックでは全く変化が見られなかった慢性頭痛患者が1回の治療で痛みが消えるなど、枚挙に遑がない。また、ぎっくり腰や寝違えで介助されながら来院した患者が、治療後は何もなかったかのように歩いて帰るのをみると、大抵の人は長鍼治療の効果に驚くものである。
 
*初期は、1週間に1度のペース(ひどい場合は2~4日に1度)で治療を続けるのが基本である。つまり、短期間、立て続けに鍼を打つことで、カタくなった筋肉の割合を減らし、柔らかい筋肉の割合を増やしていくのである。そうすることで能動的な筋組織の回復を促すことが可能となり、自ずと疼痛や不快症状の原因となっていた体液の不順が正されるゆえ、だんだんと完治に近づくようになる。