• HOME
  • >
  • 偏頭痛とドッペルゲンガー

偏頭痛とドッペルゲンガー

以前、某テレビ番組で偏頭痛とドッペルゲンガーについての科学的な研究結果が公開されたことがありました。1996年、スイスのチューリッヒでドッペルゲンガーに悩まされている陶芸家がいた、という話です。ドッペルゲンガーとはいわゆる自己像幻視で、不意に自分と瓜二つな人物を目の当たりにする現象のことです。昔はドッペルゲンガーに遭遇すると死ぬ、などと騒がれていましたが、以下の内容を鑑みればその意味を医学的に説明出来るのではないかと思います。ま、私も今までエミリー・サジェ的に、わけのわからぬドッペルゲンガー的現象を何度も経験しているので、全てを医学的に説明出来るとは思っていませんが…。この私の不思議な体験については、そのうち気が向いたらHPで公開しようかと思います(そんなに大した内容ではないですが、少しは面白いかも…)。
 
さて、テレビの話に戻ります。彼は頻繁にもう一人の自分を見るという幻覚に苦しんでいましたが、ドッペルゲンガーを見るようになってから3か月ほど経過した頃、激しい頭痛に襲われ、病院へ救急搬送されました。その後、検査で脳腫瘍が見つかり、手術でその腫瘍を摘出したところ、それ以降はドッペルゲンガーを見ることが無くなりました。この患者を診察したチューリッヒ大学病院のピーター・ブルッガー医師によれば、脳腫瘍が出来始めた時期と、ドッペルゲンガーが出現するようになった時期は完全に一致していたのです。この陶芸家は脳腫瘍を切除してからドッペルゲンガーが現れなくなったわけですが、それまでにドッペルゲンガーを目撃したという患者にも脳腫瘍が見られ、その他の患者には腫瘍は見られなかったものの、偏頭痛が基礎疾患として確認されており、偏頭痛が無くなるとドッペルゲンガーが消失するということがわかりました。つまり、ドッペルゲンガーは脳内の異常によって引き起こされていることが判明したのであり、ドッペルゲンガーを見た直後に激しい偏頭痛に襲われたという患者からの報告が示す通り、脳腫瘍によらないドッペルゲンガーは、偏頭痛の前兆現象の一つである、と言えるわけです。ちなみに、脳腫瘍が出来ても幻覚が現れないケースはその腫瘍が出来る位置の如何によるのであり、特に、側頭葉と頭頂葉の境界に腫瘍が出来た場合は幻覚が出現する確率が高くなるようです。
 
しかし、実際のところは視覚野がある後頭葉の異常も幻覚に関わっているのではないかと思ったりしますし、多くの人は後頸部周辺の筋肉が慢性的に凝る、つまりは慢性的に収縮し続けることによって後頭葉→頭頂葉→側頭葉の順で血流が低下し、幻覚が現れるのではないかと私は推測しています。また、もう一つのパターンとして、慢性的な顎の異常、その多くがいわゆる顎関節症ですが、精神的なストレスによって歯を強く食いしばるような時間が多かったり、日中に抑圧されたストレスが原因で起こる睡眠時の極度な歯ぎしりが激しく続いたりすると、内・外翼突筋や咬筋、側頭筋が慢性的な異常収縮を余儀なくされ、結果として側頭筋と表裏に位置する側頭葉に異常が出るケースも考えられます。要するに、後頚部から脳内の血流が悪化するか、下顎骨の下部にある側頸部から脳内の血流が悪化するか、はたまた両方か、だと思われますが、腫瘍が出来ていない状態での幻覚であれば、当院のような鍼治療で治すことが可能です。もちろん、すでに脳に腫瘍があったり、器質的な脳内の異常が基礎疾患として存在した場合の幻覚に関しては鍼治療で治すことは出来ません。また、当然ながら薬物中毒などによる幻覚や、何らかの精神疾患による幻覚に関しても、鍼治療で治すことは出来ません。
 
一般的に、偏頭痛の前兆現象と言えばいわゆる閃輝暗点(眼の前でチカチカ光る小さな点などが見える現象)が有名ですが、脳内または脳外の障害部位やその程度によって、微妙に前兆現象が異なるようです。しかし、視覚に異常が出るという点に関しては一致しており、やはり視覚野がある後頭葉から幻覚に関与する側頭葉までの範囲内で、何らかの異常が起こっていることが推測されます。また、脳内に器質的な異常がみられなくとも、脳外の筋肉が慢性的な異常収縮を起こすことによって脳内外の血流および神経の伝達に変化をもたらし、その結果として幻覚を引き起こす、ということが考えられます。これらのことを踏まえて考えると、軽度の偏頭痛では幻覚は起こり難いと思われ、幻覚が鮮明かつ頻繁に現れるようになってきたら、それは偏頭痛が悪化しているとみて間違いないと思われます。
 
ドッペルゲンガーと偏頭痛の関係を研究している、アーヘン大学のクラウス・ポドル博士(Podoll K , Department of Psychiatry and Psychotherapy, University of Technology Aachen, Germany.)が「Cephalalgia」内で発表した論文「Out-of-body experiences and related phenomena in migraine art(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10668108)」によれば、偏頭痛の発生メカニズムは以下の通りです。

①まず、何らかの原因で後頭葉から前方に向かって神経細胞(ニューロン)の異常な興奮状態が拡がっていく。それに伴って脳内の血流量が一時的に低下する(偏頭痛の前兆現象。この段階で幻覚を見ると考えられる。実際には、ほぼ脳死状態の患者が臨死体験する過程と似た状態であると思われる。)
②生体は自ずと低下した脳内の血流量を補おうとするため、急激に脳内の血流量を増加させる。
③その結果、大量の血液が心臓から脳内に流れ込もうとするため、脳内の血管が異常拡張する(この段階で激しい頭痛が出ると思われる)。
④異常に拡張した血管はその周囲の神経細胞を圧迫するため、激しい頭痛が発生する。

 

*前兆現象として視覚消失や閃輝暗点が伴う点からも、視覚野が存在する後頭葉の障害が早い段階に存在すると思われる。以下にその過程を述べる。
後頚部筋肉群の異常収縮→後頭葉(視覚野)の血流減少→頭頂葉、側頭葉の血流減少→幻覚(神経伝達の異常によるドッペルゲンガー、閃輝暗点)→後頭葉および側頭葉の血流増加による血管の異常拡張→幻覚消失→頭痛発現→一定時間経過後、血流改善によって頭痛が鎮静化
*つまるところ、ほとんどの慢性頭痛の根本原因は側頸部や後頚部のコリ(筋肉の慢性的収縮)が脳内の血流量を減少させることにあると思われる。実際に、刺鍼によってそれらのコリを解除してやれば、脳内の血流量および血圧は安定するようで、慢性頭痛は完治する。とにかく、頸部のコリが軽ければ脳内の血流はそんなに変化しないため軽い慢性頭痛で済むのだろうが、頸部のコリがひどくなると脳内の血流量が減少するため、結果として脳内の血管が異常に拡張して激しい偏頭痛が起こるのであろうと推測される。つまり、軽度の頭痛であれば脳内外の血管はほとんど拡張しないが、重度であれば脳内外の血管が収縮のち異常拡張して、激しい頭痛を引き起こすのであると思われる(偏頭痛や群発頭痛)。
*「何らかの原因」→ほとんどの原因は頚部筋肉群の慢性的な異常収縮である。実際にそれらの筋肉を刺鍼でゆるめてやると偏頭痛は完治する。
 

死の直前までドッペルゲンガーを見ていたという著名人としてアブラハム・リンカーンと芥川龍之介が知られていますが、結局は彼らも偏頭痛の持ち主だったそうです。そういえば、二人は容貌がよく似ています。とにもかくにも、血管拡張性頭痛はその他の血管収縮型の慢性頭痛とは発生機序が異なるとか、血管を拡張させないようにしなければいけないとか、てんかん発作的に興奮した脳を投薬で鎮静させなければいけないとか、医学的にはあれやこれやと騒がれているわけですが、実際にはその根因は同じであると診て間違いないようです。
 
当院ではこれまで多くの、さまざまなパターンの慢性頭痛患者を治療してきました。しかも、その大半の患者がどこに行っても治らなかったという、医者から診れば難治性の患者でしたが、そのような患者でもおおよそ95%以上は完治させてきました。どこへ行っても治らなかった患者からすれば信じられない話でしょうが、これは事実ですので信じない方にはそうですか、としか言いようがありません。
 
以前、F県から来ていた偏頭痛の患者(中学生)がいました。彼は母親とともに各地の有名な病院や治療家を訪ねたらしいですが、どこへ行っても頭痛が治まる気配がなく、毎日のように頭痛、聴覚過敏、幻覚(幽霊が見える)が襲ってくるものだから、治らなければ親子で心中をしようと考えたと言っていました。結局、その患者は当院で治療を始めて3回目くらいで幽霊が見えるという幻覚症状が消失し、頭痛も消えたとのことでした。

 
そういえば、アメリカの医療ドラマ「Dr.HOUSE」で、側頭葉病変によって幻覚を見るという患者の話がありました。しかし、実際に側頭葉周辺の血流が悪化したり神経の伝達異常が起っても、過剰な幻覚を見るというケースは稀なようですから、HOUSE医師のような天才肌に出逢わない限り、結局は病院へ行っても精神科や心療内科へ回されるのがオチかもしれません。