• HOME
  • >
  • 交通事故後の保険治療

交通事故後の保険治療について

交通事故後に頸腕症候群、五十肩、腰痛症、リウマチ、頸椎捻挫後遺症などが発症した場合は、医療保険である自賠責保険、任意保険を使うことで、自己負担なしで鍼灸治療を受けることが可能です(鍼灸院へ行く前に、交通事故後、速やかに医療機関で受診し、医師の診断を受け、医師の診断書と同意書を用意した上で、保険会社の同意書にサインしておく必要があります。)。悪質(『お勧めでない保険会社』)だったり、認識が不足した保険会社ですと「保険での鍼灸治療は認めません。」とか、「鍼灸院と病院への同時通院は出来ません。」とか、「整骨院の方がいいんじゃないですか」とか、「鍼治療で治るわけがありません」などと、違法的なことを言ってくる場合があるようですが、だまされてはいけませんそもそも鍼灸師は医師と同様に国家資格であり、鍼灸治療は自動車損害賠償責任保険にて無料で受けることが出来る数少ない施術の一つです。)。ちなみに、当然のことですが、本来は治療期間についても患者の希望が最優先されます。一部の保険屋は治療を早く切り上げさせようとアノ手コノ手で迫る場合が多いです。
 

 
交通故後に鍼灸治療を選ぶか否かを決めるのは患者自身であり、保険会社が鍼灸院への通院を認めないのは、契約違反になります。そもそも、自動車保険は交通事故被害者の救済を根幹とするものであり、特に、強制保険である自賠責保険については、公正で迅速な保険金の支払いが強く求められます。よって「保険契約者等の利益を守り、損害保険業の健全な発達に寄与すること。」=「医療機関選択の自由を、被害者に公平に認めること。」なのです。実際、参考純率と基準料率の算出・提供および自賠責保険の損害調査を行う損害保険料率算出機構では、自賠責保険を使った鍼灸治療を認めています。
某損保は要注意。自衛あるのみです。
 

交通事故後遺症の主な症状

頸椎捻挫(ムチウチ症)、腰痛(坐骨神経痛)、手足のしびれ、倦怠感、頭痛、肩こり、吐き気、めまい、不眠症、体調不良、不定愁訴、身体のだるさ、やる気の喪失、眼の疲れ、口内炎、自律神経失調症、躁鬱などは、交通事故後遺症としてみられることが多々あります。これらは、頸椎から腰椎周辺の筋肉が損傷を受けたことによる、いわば「2次的被害」であり、病院に行っても治らない場合は、ほとんどのケースで鍼灸治療が適応になります。ちなみに、「以前鍼治療を受けたが一向に良くならなかった」というパターンは、使う鍼の長さ・太さが適当でなかったことや、鍼を打つ部位が見当違いであった可能性が高いです。また、鍼を知らぬ医者は「鍼など効かぬ」と言うらしいですが、これは一部では真実であり、一部では根拠のないデマです。つまり、鍼灸治療は鍼灸師の如何によって、その効果は大きく異なるのです。ちなみに、「慢性疲労は首で治せる!」などと騒ぎ、「ムチウチ症は83.7%完治出来ています」などとアヤシイデータを持ち出して気張っているお医者様がいるようですが、当院での治癒率は既往症が無ければ限りなく100%に近いと思われます。まあ正確にデータをとったわけではありませんが、ちまたのイン○キ治療よりは確実に短期で完治させていると思います。

保険を利用すれば治療は無料

当院での鍼灸治療は他の鍼灸院と異なり、ツボだけには囚われずに罹患部位を確実に見極めて刺鍼しますので、頸椎捻挫(ムチウチ症)や頸椎ヘルニア、いわゆる「ストレートネック」でも、短期間に完治させることが可能です。保険で鍼灸治療を行う場合、治療期間や回数に制限はありません(しかし、だいたいは保険屋か医者がストップをかけます)。患者様から保険会社に連絡していただき(手順は以下参照)、その後、保険会社から当院に連絡が入りますので、保険会社の了承を得た時点から、治療開始となります。保険による鍼灸治療は、基本的に患者様の自己負担はありませんので、毎回無料で治療を受けることが可能です。請求は当院から保険会社に直接行いますので、患者様側での面倒な手続き等はありません(当院で発行する施術証明書・施術明細書料は1通につき2500円かかりますが、当院から保険会社に直接請求します。)。

整形外科と当院への同時通院も可能

交通事故後は、信頼出来る医師の診断を受け、医師の同意書、診断書、保険会社の同意書を受け取ってから、当院へ来院して下さい。ちなみに、ムチウチ症や腰痛症などは病院に行っても治らないケースがほとんどですが、まずは信頼出来る医師の診断を仰ぐことが重要です。医師の同意書をもらわなければ、鍼灸院への通院は出来ません。病院と鍼灸院の同時通院は法律上問題なく、ちゃんと両方に通院出来ます。ちなみに、一部の医者は「下らん鍼などで後遺症などが出たら私が困るから、同意書は書きません」などと言い放つらしいですが、その場合は賢いお医者様がいる病院に変更して、スンナリと同意書を書いてもらうのが賢明でしょう。当院の評判を聞いている医者は、何も言わずとも当院を紹介してくれますが、大半の医者は鍼灸に理解がありませんし、知りもしないのに否定しているばかりですから、同意書を拒否したり、保険点数の高い軟膏ばかりをごり押しする悪質な医者にはくれぐれも近寄らないことです。医学的な常識ではムチウチは完治しないことになっていますから、医者もやる気がないのが通常で、保険点数を稼ぐために惰性で患者を通わせるだけなのが多いですから、注意が必要です。

医療機関ではない整体院やカイロプラクティック院、エステサロン、タイ式マッサージ店、気功院などに通っても、保険料は支払われません

 

手続きの流れ

損害保険会社を通して、無料で鍼灸治療を受けるための流れを説明します。

 
①交通事故後は、当然ながら人命の救助が第一です。その後、道交法にも定められた通り、速やかに警察に連絡します。

病院で医師の診断を受け、診断書を作成してもらいます。病院での治療が効かない場合は、医師に鍼灸院での治療を受けるための同意書を書いてもらいます。同意書は鍼灸院で発行していますから、事前に入手しておきましょう。人身事故の場合は後日、診断書を警察に提出する場合がありますので、事前にコピーをとっておきましょう。

③保険会社に連絡します。鍼灸治療を保険適応にする場合、この時点で保険会社の担当者に「○○鍼灸院で治療を受けたい(事前に担当医の診断書と同意書は患者が用意しておく必要があります)。」と伝えます。その後、保険会社の発行する同意書に署名(サイン)します(保険会社の担当者が書類をもって来るはずです)。

④保険会社での確認が済むと、鍼灸院に連絡が来ます。「○○損害保険の担当○○ですが、先日、交通事故に遭われた○○様が、そちらへ通院したいとのことです。」という感じで連絡があります。この時点から、鍼灸院への無料通院が可能になります。

⑤鍼灸院で予約する際は、「交通事故の保険で治療したいのですが…。」と一言付け加えて頂けると、鍼灸院側の処理もスムーズです。

⑥通院し始めたら、あとは治るまで根気よく治療を受け続けましょう。基本的には数回の治療で効果が表れてきますので、5回前後で症状に何らかの変化が出ない場合は、鍼灸院側とよく相談した方が良いかもしれません。ちなみに、頸椎捻挫後遺症(ムチウチ症)の場合でしたら、当院では平均的には、完治まで3~10回程度かかります。重症の場合は、11回以上かかってしまうこともあります(最長で6ヶ月くらい)。基本的に4~7日おきに治療を続け、症状が完全に無くなったら、それ以上の治療は必要ありません。平均的には、軽ければ完治まで1~2カ月くらい、重ければ3~6か月くらいかかります。

こんな鍼灸院に要注意

損害保険を使った場合、鍼灸治療は無料になります。したがって、このシステムを悪用して、悪銭を稼いでいる鍼灸院がいるのも事実です。例えば、『むち打ち症は必ず良くなります!!』とか『当院は交通事故保険専門の鍼灸院です!!』とか『自己負担 ¥0 』などと大きく宣伝している鍼灸院には要注意です。確かに、鍼灸治療でムチウチ症を治すことは可能ですが、100%治るとは言い切れません。また、口コミなどで評判の鍼灸院ならば、保険治療を大きく宣伝しなくとも、実費治療でも多くの患者が集まります。よって、明らかに保険治療に依存しているような鍼灸院は、疑ってかかった方が賢明です(ま、近寄らないのが一番ですが。)。
 
 
これまで当院では数社の保険会社と取引していますが、保険会社によって全く対応が異なります。特に多いのが、保険屋が、被害者が鍼灸院に通う事を許可しないケースです。実際は保険で、病院に通院しながらも鍼灸治療を無料で受ける事が出来るのですが、「保険屋に、鍼灸治療はダメだと言われましたが実際どうなんですか?」という問い合わせが多く来ます。よって、受傷後すぐに鍼灸治療を受ける事が出来ず、1か月以上も保険屋と交渉して、やっと鍼灸院での治療許可が下りた、なんていう理解不能な状況(=違法的状況)に巻き込まれる事故被害者が多くいます
 
そして、鍼灸院に通う事が可能になったとしても、保険屋は一刻でも早く保険料の支払いを打ち切りたいので、「まだ治りませんか」と、治療を開始して間もない内に電話で催促してきたりします。交通事故後の後遺症で最も多いのが、鞭打ち症による慢性的な頭痛、吐き気、めまい、首肩の痛み、腰痛、腕のしびれ・痛みなどですが、当院で週1回スパンで治療しても、完全に治るまでは最低2~3か月(長くても半年くらい)はかかります。
 
前述したように、鞭打ちの類は病院に行っても治らない場合がほとんど(ひどい医者は「一生治りません」などと言うらしい)のようです。突発的な衝撃に身構えた事で、長期間にわたって頸部や背部の筋肉が硬化し続ける事が原因になる場合が多いですから、何らかの方法でその硬化した筋肉をゆるめてやらねば、症状は一生消えないでしょう。しかし、結果的に筋肉をゆるめる事が出来れば、いとも簡単に治る場合がほとんどです。とにかく、方法論はオカルト(カルトはイケません)でも何でも良いのですが、実際は、浅部から深部までの硬化した筋肉を確実にゆるめる、長鍼治療(≒中国針)が効果的です。