• HOME
  • >
  • 睡眠について

「寝溜め」は「寝駄目」(「体内時計」を上手に維持すべし)

休日になると、ここぞとばかりに「寝溜め」する人は、案外多いものです。しかし、「寝溜め」は日常的に積み上げられた体内時計(=体内リズム、生物時計、概日リズム、概日周期、サーカディアンリズム)を狂わせ、心身の機能そのものの働きを低下させると言われています。ゆえに、「寝溜め」は「寝駄目」に等しく、休日に寝すぎれば寝すぎるほど、平日の睡眠の質は低下し、「疲れてるのに眠れない」という悪循環に陥ってしまいます。
 
いわゆる体内時計とは、専門的には概日リズムと呼ばれ、地球上の生物が無意識に体内で構築・維持している、約24時間周期で繰り返されるバイオリズムの事です。つまり、覚醒、睡眠、摂食、ホルモン分泌などは本来、明暗周期(=地球の自転で起る日没による光環境の変化)や太陽エネルギーに由来する温度や湿度の変化、またはその他の自然的・人工的な環境変化によって、その安定したリズムが維持されています。ゆえに、本来は昼行性である人間は、日の出とともに起床し、日の入り後に就寝する、という生活がベストなのですが、体内時計は個々人で独自に形成される内因性リズムであるゆえ、朝型・夜型に関わらず、とにかくは一定の時間に起床・就寝し、食事などの時間も一定させることが肝要です。
 
一説では、体内時計は環境の変化に即応出来ると言われていますが、人類は誕生して以来ずっと、太陽の運行に依存して生活してきたのですから、日が昇っている間に作業し、日が沈んだら休む、という生活が人間にとって最も自然であり、健康的な生活です。実際、現代人の様々な不調が目立ち始めたのは、夜型社会が隆盛をみせるようになった頃からです(その他、家庭環境の変化や、食生活の変化なども関係しているでしょうが)。
 
睡眠の研究は古くから行われていますが、睡眠中にみる夢についても、睡眠そのものについても、未だに未解明な部分がほとんどです。誰が言い出したのか、「睡眠は6~8時間が理想である。」という話も、実際のところは科学的な根拠を欠いています。
 
本当に重要なのは①寝る時間帯、②睡眠の質、③毎日決まった時間に寝ること、であり、極端に言えば睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から深夜2時までの4時間睡眠であっても、その質が高ければ、十二分に活動出来ます。事実、現代でも、4時間睡眠で活躍している人は多くみられます(アインシュタインなどは例外)。
 
前述したように、多くの地球上の生物がそうであるように、やはり人間も、日の出とともに起きて活動し、日の入りととも体を休ませ床に就くことが自然であり、より健康に生きるための基本となります。例えば、徳川家康は「朝は六時に起床し、小座敷上段の漱(すすぎ)道具で洗面した。…紋服着用後、大奥の仏前で礼拝し、戻って月代(さかやき)・髦(ぼう)をそり、髪をゆった。御典医数名の健康診断ののち、八時頃に朝食をとった。午前中は経書講読(林家)、武術修練(柳生家)があり、正午に大奥にて昼食、終わって休息の間で政務にあたった。夕刻は余暇があれば謡曲・乗馬などを楽しみ、入浴して午後六時に夕食、以後若干の事務処理をおこなったという。午後九時には寝所に退いたが、秋冬の夜長には小姓を相手に碁・将棋を楽しんだ…。(『江戸時代図誌 第4巻 江戸一』、昭和50年、筑摩書房)」とされています。
 
確かに、現代社会は、「夜型人間」なくしては、成り立たない部分があります。私もかつては「夜型人間」でした。どうしても仕事の都合などで「朝型人間」になれぬ場合は、可能な限り、睡眠の時間帯を一定させることが重要です。また、可能であれば、夜10時から深夜2時までの間に、30分でも睡眠時間を設けることです。「夜型人間」の典型として、寝酒と称して睡眠前に飲酒をするパターンがありますが、睡眠直前の飲酒は避けた方が良いでしょう。飲酒した直後は血流が良くなり、リラックス出来ますが、その後急激に体が冷えたり、筋肉が硬化したり、肝臓に負担がかかるなどして、睡眠の質は自ずと低下してしまいます。寝起きが悪いなぁ、なんて人は要注意です。
 
ちなみに、鍼治療をした後は、その当日からグッスリと眠れるようになる場合がほとんどです。特に治療後数時間くらいで眠気のピークが訪れやすいです。なぜなら、鍼治療で筋肉がゆるみ(深部筋肉があたたまり)、血流が改善し、脳内麻薬(主にβ-エンドルフィン)が放出され、自律神経が安定してくるからです。長年にわたって睡眠薬を常用している場合は、不眠症が完治する可能性は半々ですが、睡眠薬やアルコールなどの常用がない軽度の不眠症であれば、鍼治療で完治する場合がほとんどです。つまり、罹患年数が短いほど、それまでの睡眠薬摂取量が少ないほど、肝臓や筋肉が侵されている割合が低いので、鍼治療の効果が現れやすいのです。